FC2ブログ
映画館とDVDで見た映画の感想レビュー
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■アイロボット
2004/09/18 Sat洋画(映画館)
20060505134628

監督:アレックス・プロヤス
出演:ウィル・スミス
   ブリジット・モイナハン
   アラン・テュディック
   ジェームズ・クロムウェル
   ブルース・グリーンウッド
   エイドリアン・L・リカード
   チー・マクブライド
   フィオナ・ホーガン
   シア・ラブーフ
とにかく主張したいメッセージはきっちりある。・・・が 
何も考えずに見てもけっこう面白い。
さすがハリウッド映画だね!って感じ。

まず、CGのすごさ。アメリカの主流であるモーションキャプター方式で
動きはスムーズでスピード感あるし、違和感ないし、
やはりすごいなぁ~と。
表情がないのに表情があるように見えてしまう不思議さ・・・。
これは脱帽です。

現在のTVのように 家政婦ロボットが一家に一台という時代が
くるのだろうか?
個人的に人型ロボットは嫌い。怖いから。
大昔にみた「ウエストワールド」という映画の所為かも
しれないけど(^^;
ICが発達して人に近くなればなるほど、機械が自己知能を持って 
人間社会に反発
・・・・なんてことは ありえないことではないのかもしれないね。

ストーリー自体は 家政婦ロボットが自己知能を持って、
人間社会に叛乱を起こすという、よくありがちなもの。
アイザックアシモフが大昔に書いた小説だけに
ありふれてるけど(・・というか、アシモフの書いたこの小説を元に
いろんなSF映画や漫画が描かれてるんだから仕方ないことだけど)
それは 魅力的なキャラクターとスピード感でクリアしてると思います。
漫画チックなSFファンタジーに 下手すれば なってしまいがちな
テーマをウィルスミスとロボットのサニー(アランデュディック)の
デリケートな演技で社会性なメッセージ感のある 
味のある映画になってると思います(褒めすぎ?)

夢のような世界だけど、うかうかもしてられないな・・・
って感じもしますね・・・・
スポンサーサイト

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
デビルマン ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ ヴィレッジ

管理者にだけ表示を許可する
HOME
訪問者数
PROFILE

福山睦月

Author:福山睦月
熊本在住の管理人が好き勝手に映画の感想をなぐり書いてるブログです。
観覧映画は著しく偏っております(笑)
説明は←のTOP記事をご覧ください。
下記のリンクより管理人サイトへ飛べます。

ブログランキング参加中
カテゴリー
ブログ内検索
このレビューの評価

名前:
このレビューの評価:
大共感!
やや共感
ふつう
ちょっと違う~
最悪…
映画タイトルとコメント:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。