FC2ブログ
映画館とDVDで見た映画の感想レビュー
■■■パイレーツオブカリビアン3/ワールドエンド
2007/05/25 Fri洋画(映画館)
20070623124641


監督:ゴア・ヴァービンスキー
脚本:テッド・エリオット&テリー・ロッシオ
製作:ジェリー・ブラッカイマー
衣装:ペニー・ローズ
音楽:ハンス・ジマー
出演:ジョニー・デップ
   オーランド・ブルーム
   キーラ・ナイトレイ
   ステラン・スカルスゲールド
   ビル・ナイ
   チョウ・ユンファ
   ジェフリー・ラッシュ
   ジャック・ダヴェンポート
   ナオミ・ハリス
3作目になると やはり完結させなければならないので、いささかストーリーが重いかんじでした。
もちろんジャックのダメダメ船長っぷりも健在なのですが、どちらかというと 今回は「ウィルの生長期」みたいな(^^)
ウィルの揺るぎない信念のなか、話が進んでいってます。
まぁ、そうでないと きちんと話が終わらない気もしますが・・・・・(^^;

で、今回・・・わざわざチョウ・ユンファは必要だったんでしょうか??
確かに「9人の伝説の海賊」(まぁ、それぞれの海を縄張りとしてる海賊がいるっていう設定なのかも?)がひとつのテーブルに揃わないといけない・・という話だったので、中国の海賊として 出てもよいのだけれど、他の7人の海賊の扱いを考えてみれば、別に中国じゃなくても~・・・・・そんな気もしましたよ。
西洋人からしてみれば、東洋人は神秘的なのかもしれないけどね(^^;

あと・・・ジャックの頭の中シリーズ(笑)も必要??
よけいに解りづらい映像になってしまってる気がしてならないのですが・・・・・。
最初の登場シーンのみでお腹いっぱいです。
で、あの 白い陸の海賊船のシーンって。。。「ワンピース(尾田栄一郎著)」を思い出してしまいました(笑)
あれも海賊だしね(^^;
あと、さかさまの海とか・・・・・。

でも、あの渦の戦闘シーンはなかなか迫力ありましたね。
あのさなか プロポーズする男も男ですが、結婚式までするとは(笑)
ただ、「この先なにが起きるかわからないから、式をする」ってウィルが言ったときは、ちょっと嫌な予感がしましたけど・・・・・(しっかり当たっちゃいましたが・・・・・)
あんなオチがあろうとは(笑)
ウィル・・・一発百中な(違

あと、エンデバー号沈没シーンも圧巻ね!
あのCGは なかなか面白い演出でした(^^)

ただ、ちょっと腑に落ちないのは ディビージョーンズとティアダルマのところ。
二人がかつて恋人同士で、カリプソを彼女に封じ込めた・・・のはわかるけど・・・・
「解放」した後は 何か変わった??みたいな??
子供だましみたいに、でっかくなってパ~~~~ン!! で終わりかよ(笑)

で・・・ちょっと気になったこと ひとつ・・・。
字幕スーパーで「プラックパール」がずーっと「パール」って訳されてたのは 何か意味があるのでしょうか?
文字数の関係?・・・でも、固有名詞だよ?


あぁ~でも ジャックパパはサイコーvv
登場時間もセリフもほとんどなかったけど、あの存在感はエエ!
スポンサーサイト

テーマ:パイレーツ・オブ・カリビアン - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
プレステージ ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ ハンニバル・ライジング

管理者にだけ表示を許可する
HOME
訪問者数
PROFILE

福山睦月

Author:福山睦月
熊本在住の管理人が好き勝手に映画の感想をなぐり書いてるブログです。
観覧映画は著しく偏っております(笑)
説明は←のTOP記事をご覧ください。
下記のリンクより管理人サイトへ飛べます。

ブログランキング参加中
カテゴリー
ブログ内検索
このレビューの評価

名前:
このレビューの評価:
大共感!
やや共感
ふつう
ちょっと違う~
最悪…
映画タイトルとコメント:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム