FC2ブログ
映画館とDVDで見た映画の感想レビュー
■■■プレステージ
2007/06/16 Sat洋画(映画館)
20070623124221


監督・脚本:クリストファー・ノーラン
脚本:ジョナサン・ノーラン
原作:クリストファー・プリースト「奇術師」
監修:デビッド・カッパーフィールド
出演:ヒュー・ジャックマン
   クリスチャン・ベール
   マイケル・ケイン
   スカーレット・ヨハンソン
   ハイパー・ペラーボ
   レベッカ・ホール
   デヴィッド・ボウイ
   アンディ・サーキス
まず・・・物語の冒頭で、「この結末は誰にも言わないでください」みたいな但し書きが流れるのですが・・・・・感のイイ人ならば、中盤あたりで だいたいの結末は容易に想像できます。
ただ、単なる人間模様のサスペンストリックだと思って見ていると、判(解)らないかもしれません。
それは この物語の神髄に関わる一大トリックが「SF」だからです。
その他のマジックは全て、その時代的なアナログなトリックなのですが、たったひとつだけ・・・
それだけが、今の現代科学でもなしえていないフィクションなのです。
なので、頭をやわらか~~~~くして 見ることをおすすめします。

そして、時間軸・・・これも けっこうわかりにくいです。
「現在」と「過去」と「ちょっと過去」の3つの時間軸が交互に配置されてます。
今見てるシーンが いつのシーンなのか、整理しながら見る必要があります(^^;

・・・・と、ここまで つらつら前置きしましたが。。。。。
映画は とっても面白~ございました(^^)
まず、主役の2人の対比。これは すごくよく描かれてると思います。
お金にモノを言わせ汚い手を使っても自分のモノにするアンジャーと貧しいながらも努力家のボーデン。マジシャンとしては、アンジャーのやり方は間違ってますけど、少なからずともそういう華やかな世界の裏側というものは、多々あるのではないでしょうか・・・(^^;
結局ふたりとも、「芸で身を潰した」・・・悲しい天才なんでしょうねぇ~(::)


それにしても、ヒュー・ジャックマンのあの身のこなし・・・。
アメリカンヒーロー的な役もよいけれど、スマートな紳士もとってもステキですvv
そして、なんといってもデヴィッド・ボウイが なかなか 落ち着いた存在感ある役で印象的でした。若い頃にくらべると かなり恰幅よくなってはいましたが・・・・・。

しかし・・・・・・・「鳥のマジック」って・・・・・・
あれって、毎回 鳥 死んでたんですね・・・(--;
                         (今は違うと信じたい)
そして、繰り返し見せられる「鳥」・・・・・。
それは、ラストのあのトリックに繋がってるんですねぇ~~~~~。

・・・・・ていうかー・・・・・・書いちゃいますけど~・・・
毎回・・・殺してたんですか・・・!! アンジャーは・・・・・( ̄□ ̄;)!!
で、どうしても わからなかったボーデンの瞬間移動の秘密は超原始的な仕掛けで・・・って・・
結局バカを見たのは「金と名声」に眩んだアンジャーだった・・・と・・・・・。
で、ですね。最後に死んだのはオリジナルのアンジャーですかね?
そこは「謎」ですね(^^;
スポンサーサイト

テーマ:プレステージ - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
2007年に見た映画リスト ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ パイレーツオブカリビアン3/ワールドエンド

管理者にだけ表示を許可する
HOME
訪問者数
PROFILE

福山睦月

Author:福山睦月
熊本在住の管理人が好き勝手に映画の感想をなぐり書いてるブログです。
観覧映画は著しく偏っております(笑)
説明は←のTOP記事をご覧ください。
下記のリンクより管理人サイトへ飛べます。

ブログランキング参加中
カテゴリー
ブログ内検索
このレビューの評価

名前:
このレビューの評価:
大共感!
やや共感
ふつう
ちょっと違う~
最悪…
映画タイトルとコメント:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム