FC2ブログ
映画館とDVDで見た映画の感想レビュー
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■犬神家の一族
2007/01/01 Mon邦画(映画館)
20070104200243


監督:市川崑
原作:横溝正史
出演:石坂浩二・松島奈々子・尾上菊之助・富司純子
   松坂慶子・萬田久子・葛山信吾・池内万作
   蛍雪次朗・深田恭子・奥菜恵・岸辺一徳・大滝秀治
   草笛光子・中村玉緒・加藤武・中村敦夫・仲代達矢
   長澤俊矢・石倉三郎・尾藤イサオ・三條美紀
   林家喜久蔵・三谷幸喜
これほどまで、何度もリメイクされて それなりに面白いシリーズってあるのかしらん?
はずかしながら、金田一シリーズを映画館で見るのはまだ2度目なのですが・・・・。
TVでも、何度も放送してるし、TVシリーズもあるし、日本人だったら 1度くらいはどれかを見てるんじゃないかと・・・・・。
どれも、多少の違いはあるものの、大きな話の流れは同じですから~
見飽きちゃったよー   てな 人もいるかもしれませんねぇ~。
ただ、ワタシが思うに・・・・これは日本でいうなら「赤穂浪士」や「水戸黄門」・・・・
洋ものでいうなら「ハムレット」や「真昼の決闘」みたいなもんかと・・・・・。
さぁ~松之廊下・・討ち入りは~ 紋をそろそろ出すぞ~って、
先が解ってても気になってしまう。
さぁ~こっから 金田一さんの謎解きだぞー わくわく・・・みたいな(笑)
そんな爽快感はありますね。

もちろん 突っ込みどころも満載なわけですが~・・・・・・(^^;

すごく気になったのが、「はい、こっからCMでーす」みたいな フェイドアウト。
かなりウザイ感じがしました。
それと、日本の映画でいつも感じる、死体の人形っぽさ・・・。
技術はあるはずなんですけど・・・・。感性の違いなのでしょうか??
あと、湖に浮いた死体を男二人、しかもボートに乗ったままで、
引き上げられるワケがない(--;
あと・・・・血糊の色・・・・・(--;
なんで、あそこまでウソっぽく作れるんでしょう~・・・・。
画面がクリアなだけに 目立って目立って・・・。

それと、どーしてもマスク状態の佐清が阿部サダヲに見えてしかたなかったデス(笑)
一番リアルだったのは 松島奈々子を抱えてる池内万作・・・・。
かなり重そうでした(^^;
犬神家の3人の娘達は、それぞれ、一癖あるかんじで、似合ってると思いました。


いや。。しかし・・・・可愛い人はもんぺをはいてもかわいいんですね(--;

スポンサーサイト

テーマ:犬神家の一族 - ジャンル:映画

トラックバック(1)+ +コメント(0)
劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ 007カジノロワイヤル

管理者にだけ表示を許可する
-2007/03/08 Thu
管理人の承認後に表示されます
HOME
訪問者数
PROFILE

福山睦月

Author:福山睦月
熊本在住の管理人が好き勝手に映画の感想をなぐり書いてるブログです。
観覧映画は著しく偏っております(笑)
説明は←のTOP記事をご覧ください。
下記のリンクより管理人サイトへ飛べます。

ブログランキング参加中
カテゴリー
ブログ内検索
このレビューの評価

名前:
このレビューの評価:
大共感!
やや共感
ふつう
ちょっと違う~
最悪…
映画タイトルとコメント:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。