FC2ブログ
映画館とDVDで見た映画の感想レビュー
■■■サイレントヒル
2006/07/08 Sat洋画(映画館)
20060710011513

監督:クリストフ・ガンズ
脚本:ロジャー・エイヴァリー
原案:コナミ「サイレントヒル」
出演:ラダ・ミッチェル
   ショーン・ビーン
   ローリー・ホールデン
   デボラ・カーラ・アンガー
   キム・コーツ
   タニヤ・アレン
   アリス・クリーグ
   ジョデル・フェルランド
序盤までしかプレイしてない我が家にあるゲーム・・・
主役が男性なので、「サイレントヒル2」かと思っていたら、「1」でした(笑)
いや・・・マジで怖くてプレイしてなかったんです(^^;

映画では女性(母親)が主役でしたが、これは正解だと思いました。
男性(父親)だと、たんなる<化け物退治>みたいな映画になってしまってたかもしれないですね。
母親だからこそ、娘を必死で捜す理由が明確になったと思います。
それに、この映画の主要は<化け物退治>ではないので・・・・。

まず、ゲームとリンクして怖かったのが・・・序盤のサイレンが鳴って階段を下りていくところ。
真っ暗闇でライターの光だけをたよりに進むところは、ゲームと同じで、ドキドキしました(^^;
明かりの届く範囲しか見えない恐怖っていうのは 本当に怖いです。
しかも、何も出てこないというのも けっこう怖いですよね。
出ちゃってしまえば、慣れちゃいますけど、いつ異形の者が出てくるか解らない恐怖っていうのはかなりストレスに(^^;
それにやっぱりサイレンの音っていうのは、何にせよいい気持ちのするものではないですね。

今回、どう表現してくるのかなーと興味があったのは、モンスターたち。
ゲームに出てくる異形のモンスターたちは ほんとうに怖いんですよ・・・・。
特に人型の者は・・・。
でも、ダークナース(サイレントヒル2のキャラ?)も、他のクリーチャーもかなりゲームのイメージに近くて良かったです。
作り物くさいのも嫌だし、CGくさいのもカンベンだったんで。
でも、ナースはちょっとダンスぽかったですけどね(^^;

それにしても シビル警官役のローリー・ホールデンですか・・・。かっこいい~!!
スタイルもいいし。ベリーショートがよく似合ってて。
あと、ダリア・・・白髪に真っ白い肌に碧眼・・・・ガクトかと思いました(笑)

後半の謎明かしは、もうちょっとひねって欲しかったかなー。映像が・・・。
せっかく、父親役のショーン・ビーンが「サイレントヒル」について、調べていたので、それを絡めつつ~過去の情景を見せて欲しかった。
もしかしたら~・・・・母親と娘は現実社会に戻っていないので、父親が探しに行くという「第2弾」を作るつもりなのであれば、別ですが~・・・(^^;

でも、ストーリーもきちんとまとめられてて、ある意味解りやすい映画だったと思います。
世界は4つありますけどね(^^;
テーマは「母性愛」と「宗教によるマインドコントロール」の恐ろしさ。
最近の映画はこのテーマが多いですね。
ある意味<世紀末>への危機感があるのかもしれません・・・・・。


きっと、ワタシはゲームの続きはしないでしょう・・・(^^;

スポンサーサイト

テーマ:サイレントヒル - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(1)
パイレーツオブカリビアン2/デッドマンズチェスト ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ M:i:lll
へぇ~
サイレントヒルって今週末からでしたっけ??
俺も見てみたいっす!!
2006/07/10 Mon URLけんじ#- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
HOME
訪問者数
PROFILE

福山睦月

Author:福山睦月
熊本在住の管理人が好き勝手に映画の感想をなぐり書いてるブログです。
観覧映画は著しく偏っております(笑)
説明は←のTOP記事をご覧ください。
下記のリンクより管理人サイトへ飛べます。

ブログランキング参加中
カテゴリー
ブログ内検索
このレビューの評価

名前:
このレビューの評価:
大共感!
やや共感
ふつう
ちょっと違う~
最悪…
映画タイトルとコメント:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム