FC2ブログ
映画館とDVDで見た映画の感想レビュー
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■リベリオン
2006/06/25 Sun洋画(DVD)
20060625234242


監督・脚本:カート・ウィマー
製作:ヤン・デ・ポン
格闘シーン演出:ジム・ビッカーズ
VFXスーパーバイザー:ティム・マクガバン
出演:クリスチャン・ベール
   エミリー・ワトソン
   ティ・ディッグス
   ショーン・ビーン


☆「ウルトラ・ヴァイオレット」を見たので、昔の日記から感想を引っ張り出してきました(笑)
いやーこういう映画好きっす。
ストーリーや設定も好きですが、
ばかばかしい なんともいえぬ ガンアクション(ガン=カタ)が良い!!
絶対あれじゃー撃たれてるってー(笑)
でも、かっこよかったです。

時代的には近未来で、統一国家を形成するためには、独裁するしかないんだけど、
その独裁の方法が凄くて・・・・。
つまり、
<人には感情というものがあるから 争いが起き、戦争やクーデターになる>と。
だったら、その感情というものを管理すればいい・・。という極端な発想。
ある意味、理想郷なのかもしれないけど、感情を抑えるために毎日薬を投与し、
娯楽小説や娯楽映画等、学問や生活に必要ない物は全て禁止という。
煩悩だらけのワタシにはとうてい耐え難い世界ですな(笑)

そして主人公が一人<人本来のあるべき姿>求めて戦うという・・・・・。
すごーくまじめなストーリーなのでした。
なので、ガンアクションもガン=カタも斬新でかっこいいのだけれど、
大ヒットしなかった原因はここにあるのかも(^^;
たしかに主役も地味で暗い人だったしね。

でも、やはり ヤン・デ・ポン流映像美とそこまでやるか!みたいなキメポーズと銃持ってるのに撃たずに格闘か!!というガン=カタと一見の価値はあると思いますよ。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
カウンターが回る理由・・・ ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ ウルトラ・ヴァイオレット

管理者にだけ表示を許可する
HOME
訪問者数
PROFILE

福山睦月

Author:福山睦月
熊本在住の管理人が好き勝手に映画の感想をなぐり書いてるブログです。
観覧映画は著しく偏っております(笑)
説明は←のTOP記事をご覧ください。
下記のリンクより管理人サイトへ飛べます。

ブログランキング参加中
カテゴリー
ブログ内検索
このレビューの評価

名前:
このレビューの評価:
大共感!
やや共感
ふつう
ちょっと違う~
最悪…
映画タイトルとコメント:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。