FC2ブログ
映画館とDVDで見た映画の感想レビュー
カテゴリー内記事一覧 (下のものほど古い記事です)
犬神家の一族
2007/01/01 Monトラックバック(1)コメント(0)
デビルマン
2004/10/09 Satトラックバック(0)コメント(0)
陰陽師2
2003/10/18 Satトラックバック(0)コメント(0)
仮面ライダー555/爆竜戦隊アバレンジャー
2003/08/25 Monトラックバック(0)コメント(0)
ムーンチャイルド
2003/04/28 Monトラックバック(0)コメント(0)
リターナー
2002/09/07 Satトラックバック(0)コメント(0)
薔薇の婚礼
2002/01/18 Friトラックバック(0)コメント(0)
陰陽師
2001/10/13 Satトラックバック(0)コメント(0)
ナトゥー踊るニンジャ伝説
2001/01/01 Monトラックバック(0)コメント(0)
五条霊戦記
2000/10/07 Satトラックバック(0)コメント(0)
 ≫ NEXT ≫ 
■■■犬神家の一族
2007/01/01 Mon邦画(映画館)
20070104200243


監督:市川崑
原作:横溝正史
出演:石坂浩二・松島奈々子・尾上菊之助・富司純子
   松坂慶子・萬田久子・葛山信吾・池内万作
   蛍雪次朗・深田恭子・奥菜恵・岸辺一徳・大滝秀治
   草笛光子・中村玉緒・加藤武・中村敦夫・仲代達矢
   長澤俊矢・石倉三郎・尾藤イサオ・三條美紀
   林家喜久蔵・三谷幸喜
これほどまで、何度もリメイクされて それなりに面白いシリーズってあるのかしらん?
はずかしながら、金田一シリーズを映画館で見るのはまだ2度目なのですが・・・・。
TVでも、何度も放送してるし、TVシリーズもあるし、日本人だったら 1度くらいはどれかを見てるんじゃないかと・・・・・。
どれも、多少の違いはあるものの、大きな話の流れは同じですから~
見飽きちゃったよー   てな 人もいるかもしれませんねぇ~。
ただ、ワタシが思うに・・・・これは日本でいうなら「赤穂浪士」や「水戸黄門」・・・・
洋ものでいうなら「ハムレット」や「真昼の決闘」みたいなもんかと・・・・・。
さぁ~松之廊下・・討ち入りは~ 紋をそろそろ出すぞ~って、
先が解ってても気になってしまう。
さぁ~こっから 金田一さんの謎解きだぞー わくわく・・・みたいな(笑)
そんな爽快感はありますね。

もちろん 突っ込みどころも満載なわけですが~・・・・・・(^^;

すごく気になったのが、「はい、こっからCMでーす」みたいな フェイドアウト。
かなりウザイ感じがしました。
それと、日本の映画でいつも感じる、死体の人形っぽさ・・・。
技術はあるはずなんですけど・・・・。感性の違いなのでしょうか??
あと、湖に浮いた死体を男二人、しかもボートに乗ったままで、
引き上げられるワケがない(--;
あと・・・・血糊の色・・・・・(--;
なんで、あそこまでウソっぽく作れるんでしょう~・・・・。
画面がクリアなだけに 目立って目立って・・・。

それと、どーしてもマスク状態の佐清が阿部サダヲに見えてしかたなかったデス(笑)
一番リアルだったのは 松島奈々子を抱えてる池内万作・・・・。
かなり重そうでした(^^;
犬神家の3人の娘達は、それぞれ、一癖あるかんじで、似合ってると思いました。


いや。。しかし・・・・可愛い人はもんぺをはいてもかわいいんですね(--;

テーマ:犬神家の一族 - ジャンル:映画

トラックバック(1)+ +コメント(0)
■■■デビルマン
2004/10/09 Sat邦画(映画館)
20060505134633

監督:那須博之
原作:永井豪
出演:伊?央登
   伊?右典
   酒井彩名
   渋谷飛鳥
   宇崎竜童
   阿木燿子
   冨永愛
   ボブサップ
いや~・・・・・(笑)笑うしかないっすね・・(^^;
誰を対象にしてるんですか??って感じで。
こういう映画は万人を対象にしちゃダメなんですよ~
デビルマンを全く知らない世代を対象にするんなら
もっと漫画っぽく・・・・。
デビルマン世代や原作を知ってる世代対象だったら
もっとコアに作るべき。
と・・いうか、コアに作って、若い世代が「?」って思っても
面白さ、かっこよさはわかるから 興味もったら漫画なり原作なり
買うんですよ・・・。それでいいんですよ~。
もったいない。

しかも・・あのキャスト・・・。かなり疑問符です。
ギャグだったら 一発目の小林幸子だけで十分です!
ストーリーはほぼ原作なぞり~で、特に問題はないですが、
キャストに凝り過ぎというか、演技うんぬんをまったく無視した
著名タレント軍。がっかりです。
それと、技術や設備はアメリカと全くヒケをとらないと思ってる CG 。
ハリウッドにも日本の技術者はたくさん参入してるし、日本のアニメは
世界一だと思ってるんだけど・・・・・
何故 映画になるとこうなの??
どこか作り物っぽい・・と いうか嘘っぽいというか・・・。
瓦礫の山なのに なぜ埃が全然ないの? 
NHKのドラマのセットみたいで かなり残念(--;
戦闘シーンのCGの集中線は 良いか悪いかは別として なかなか面白い。
那須博之監督の学習能力のなさを顧みた感じですね・・・。
いい加減成長してください。




流行の芸能人スキーな方向け

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■陰陽師2
2003/10/18 Sat邦画(映画館)
20060504185551

監督:滝田洋二郎
出演:野村萬斎
   伊藤英明
   今井絵理子
   深田恭子
   伊武雅刀
   古手川祐子
   中井貴一
たいてい2作目になると期待を裏切られる事が多いのですが、
これは ほぼ1作目と同じテンションで、よかったです。
矢張り、元々小説で、きちんとした話の流れや時代背景、
登場人物の性格等のバックボーンがあるからなのでしょうか。

おきまりのギャグにおきまりの悪役で、コテコテの展開・・・
ある意味、水戸黄門的で日本人好みでは??
また、晴明と博雅のラブラブっぷりは全国の腐女子のハート鷲掴み(爆)

しかし、思うのですが・・・・・
ハリウッドで活躍してる日本人、数多くいるというのに、
あの特殊メイクのヘボさ・・・。
”アラブルカミ”なんて、まるで着ぐるみか肉襦袢(==;
京の町並みも作り物っぽいしなぁ~・・・・。
そんなこんなで、割と安心して見れるのですが、
・・・・萬斎さんの女姿・・・・。
これは けっこうイマイチでした・・・・(^^;
矢張り男顔なのですなぁ~・・・。舞もちょっと・・・。
あと、欲を言わせて貰うのならば、須佐はもうちょっと
痩身の子がよかったかなー。神経質っぽい方が雰囲気でたような
気がします。


まぁ、前作と大きな違いはなく、大満足もなければ、
大外しもないという、感じですが、
セリフは古の粋な使いまわし満載なので、
そういうのがお好きな方へオススメ

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■仮面ライダー555/爆竜戦隊アバレンジャー
2003/08/25 Mon邦画(映画館)
20060504185245

<仮面ライダー555・パラダイスロスト>
監督:田崎竜太
出演:乾巧=半田健人  園田真理=芳賀優里亜
   レオ=ピーター・ホー ミナ=黒川芽以
   水原=速水もこみち  木場勇治=泉政行
   菊池啓太郎=溝呂木賢  草加雅人=村上幸平
   長田結花=加藤美佳  海堂直也=唐橋充
   スマートレディ=栗原瞳  野村=大高洋夫
   村上狭児=村井克行

<爆竜戦隊アバレンジャー・アバレサマーはキンキン中!>
監督:諸田敏
出演:伯亜凌駕=西興一朗  三条幸人=冨田翔
   樹らんる=いとうあいこ アスカ=阿部薫
   仲代壬琴=田中幸太朗
   ジャンヌ=桜井映里  リジェ=鈴木かずみ
   今中笑里=西島未智  伯亜舞=坂野真弥
   小向美奈子 誠直也
声の出演=長嶝高士 富田幸季 篠原恵美 銀河万丈
     緑川光 相田さやか 岩尾大輔 飯田浩志
     塩屋浩三 御崎朱美 緒方文興 宇垣秀成
     古川登志夫 高田由美
はい。お子さまにまじって行って来ました!
特撮物初体験!見事に親子連れ満載!(笑)

<仮面ライダー555/パラダイスロスト>
こちらは映画オリジナルストーリーで、オルフェノクが地球を
支配し、人間が形見の狭い思いで暮らしてるという設定。
その人間がスマートブレイン社に銃片手に乗り込んだり、
人間が隠れ済んでる街の廃退した闇市みたいな感じとか、
まるで、バトルロワイアルかドラゴンヘッドか?みたいな・・・。
これって子供に見せていいのか?
ってのが、まず思った最初の感想。
しかも、ストーリーわかりにくいし、子供はかなり退屈してました。
巧が実はオルフェノクだったって時に子供達は
「えー何でー?」とか言ってたんで・・・・。
これって子供の夢、期待を裏切ってないか?
僕個人的にも あまり面白くなかったなー。
あまりにもベタベタ・・・。

ところで海堂さんの扱い、あんなもんか?(←海堂好き)



<爆竜戦隊アバレンジャー/アバレサマーはキンキン中!>

こちらはTV放送を裏切らない そのままのノリで安心して見れました。
ギャグも満載。いつものくだらない敵も、
いつものくだらない攻撃や武器、戦い方も健在!
しかも、ロケ地はテレ朝で金かかってない(笑)
子供達はこっちは かなり真剣に見てましたねー。
小学生以下の子供が多かったからか?
しかし、アバレメンバーが全員ビキニになったり、幸人が小人に
なったり、腐女子にもサービス満点なアバレンジャーでした。
そしてチェック所は、初代戦隊物ゴレンジャーのレッド役の
誠直也と、悪役ガルヴィディー声の古川登志夫でしょうか(笑)

エンディングはTV版の逆キャスティング。
恐竜屋でカレーを食べてるジャンヌやリジェ(笑)
アバレダンスを踊ってるアバレンジャーご一行様。
めちゃめちゃノリノリで踊ってる幸人に対し、
スマップのゴローちゃんバリにリズム感のない凌駕は
笑いどころ・・・・・。

アバレンジャーだけ見て帰ればよかった。

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■ムーンチャイルド
2003/04/28 Mon邦画(映画館)
20060504184950

監督:瀬々敬久
出演:HYDE
Gackt
王力宏
   山本太郎
   寺島進
   鈴木杏
   石橋凌
   豊川悦司
これは、ご存知のとおり、GacktとHYDEが主演ということで
今、話題になってる映画ですが、
予想に反して、ちゃんとした映画で面白かったです。
単なるミュージシャンの自己満足映画じゃないぞ!みたいな。
ただ、やはりちょっと「ヤングロードムービー」的なにおいは
しましたけど(いや・・これで全然オッケーですが)
内容的にはGacktが好きなものをふんだんに詰め込んだって感じ
でしょうか? 吸血鬼も銃も退廃的な裏路地、友情、復興と崩壊。
きちんと筋道も立てられてたし、銃や組織的な事や吸血鬼の事なども
目立った嘘っぽさもなく、ワタシ的には好きなタイプの映画ですね。

ただ、残念だったのが、「高速道路」
これは日本の首都高?みたいな、すごい違和感を感じました。
これがなかったら◎!!
もっと、資金と時間があったら、もっと凄い映画になってただろうな~
って感じさせる何かがありましたねー。

もちろん、演技の臭さ、セリフの棒読みは この際勘弁してあげましょう(笑)
・・・というか、これ、日本語じゃなかったら、もっとよかったかも。
あぁそうだ。日本語じゃない方がいいですよ!!(笑)マジで。残念。
しかし、Gacktが王力宏に撃たれて死ぬ(?)シーンがあるんですが、
このシーンを見た時に
「あぁ、Gacktはこのシーンをやりたかったんだな!」って思いましたが
・・・・・どうでしょうか?かなりリアリティーありましたが・・・?

ラストはもう、腐女子といわれるお姉さま方たちは歓喜の声だったんじゃない
でしょうか(笑)・・・・立派な心中ですわな(笑)
ただ車は、ヨーロッパ車じゃなくて、もっと成金的なアメ車希望~(笑)

ということで、アイドル映画などという変なこだわりは捨てて、
見てみて欲しいですなー。
ガンアクションはめちゃめちゃかっこいいですから(^^)



「アキラ」とか「デスペラード」とか「マトリックス」とか
「BANANA FISH」とか好きならとりあえず見とけ!


友人のKE様より面白い感想をいただきました!!
「若者のすべて」なガクト達がヤクザ映画なノリでジョン・ウーアクションを
披露する話ですね(笑)KE君に座布団3枚!!

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■リターナー
2002/09/07 Sat邦画(映画館)
20060504184351

監督・脚本:山崎貴
出演:金城武
   鈴木杏
   樹木希林
   岸谷五朗
え~・・・何かにつけて、消化不良な・・というか、中途半端な
映画でございました。正直言って、ハリウッドや中国には
まだまだかなわないな・・・(--;てな感じで。
もう、設定にムリと偽りがありすぎで・・・・・・・・・・・。

まず、鈴木杏の演技力にほど遠い、金城武と岸谷吾郎の演技(--;
金城武の日本のわびさびとはほど遠い日本語の発音と棒読み。
ちょっと気が利いた小学生が得意げに国語の教科書を朗読してるって
感じ・・・。そして完全懲悪になりきれてない岸谷吾郎・・・。
この2人が違ってれば、もっと入り込めたかもしれない。

ストーリーは割とわかりやすいし、(多少設定にムリがあるけど)
CGもハリウッドとひけをとらないし、SFXもよくやってる
と思うけど、撮り方がいまいちなんじゃないかな~って感じました。
迫力に欠けてたので、全然手に汗を握るシーンがなかった(--;

それと、リアリティーがなかったのが・・・
●今時のマフィアがリボルバー式の銃を使ってること。
たしかに、レイジングブル(みたいな銃だった)はかっこいいけど・・・・。
●研究所の特殊部隊の連中が、まるで素人のような戦い方をすること。
銃の構えの基本くらい・・・ねぇ・・・。
●あんだけ爆発したのに、焼けただれた瓦礫がないこと。
硝煙の臭いくらい漂わせてください・・・。
●あんな至近距離で撃たれたら、まず、身体が反動でひっくりかえります。
さらに、貫通した銃痕の出口は破裂してるハズ。
さらに、眉間に弾食らってたら、即死でしょ・・・フツー(--;
云々・・・。

それから、いろんな映画を参考に(?)してるシーンが多々あったけど、
それは参考にしてるだけなのか、マネてるのかが よくわからなかった。
マネてるんだったら、とことんこれでもか!ってくらいマネて欲しかったな。
あまりにも、中途半端なんで、パクリ?って思われても不思議じゃないて感じです。
対象年齢がよく解らない映画でした・・・・・。
樹木希林が一番かっこよかった(^^;



金城武ファンおよび、SFX未体験者向き

友人のKEさまより面白い感想いただきました(^^)
「マトリックス」のコスプレな男が「ターミネーター」な少女と
「インディペンデンスディ」な未来になるのを防ぐために
「ET 」を助ける話ですね(笑)
いやぁ~KE君に座布団10枚!!

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■薔薇の婚礼
2002/01/18 Fri邦画(映画館)
20060504134820

監督:武藤浩之
出演:マリスミゼル
   永吉輝美
   
マリスミゼルの初主演映画。
ドラキュラおたくのワタシとしては かなり至福の映画でございました。
全体的に統一された色、豪華絢爛な衣装、
ドラキュラマニアのマナ様ならではの忠実な表現。
全編に流れるバロック風音楽。
特殊効果も ちゃんとされてたし。
どれをとっても 完璧な演出でございました。
ただ、やはり「無声映画」ということで、長い長い豪華な
プロモーションビデオ・・と言われても過言ではなく、
同じシーンが何度も繰り返されたりして、ちょっとくどい
ところも、あり・・・で、1時間半は ちょっと長すぎたかも・・。
それから、ドラキュラについての、説明的なシーンは
全くないので、マリスファンなのだけれども、
ドラキュラについて、一般的な俗説しか 知らない人には
わかりづらかったかも 知れないなぁ~。
例えば、「吸血鬼なのに何故教会にいられるの?」とか
「何故、十字架を怖がらないの?」とか、
「何故魔女は火あぶりにされるの?」とか、
「何故 お互いの血を吸い合うの?」とか・・・・・・。
まぁ、そういうのは 自分で調べてください(笑)
あ!でも、ワタシのサイトに「ヴァンパイア」という項目が
あります。ご覧になられてくださいませ(宣伝?)

ただ、残念なのは・・・・。
あの・・5人だったら どんなに もっと すばらしかったろう・・
って・・そう感じました・・。
そう、あの5人とは・・・・・・・。



マリスファン及び、ドラキュラフェチの方向け

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■陰陽師
2001/10/13 Sat邦画(映画館)
20060504134816

監督:滝田洋二郎
出演:野村萬斎
   伊藤英明
   今井絵理子
   夏川結衣・宝生舞・小泉今日子・萩原聖人
   柄本明・岸辺一徳・真田広之
これはですねぇ~・・・・けっこうハマりました。
まず、陰陽道という題材が好きだってこともあったけど、
主役の野村蔓斎さんが 安倍晴明にピッタリだったってこと。
これは 夢枕獏さんのキャスティングに乾杯!!
身のこなし、語り口、すべてが にわか仕込みじゃないってことが
ひしひしと伝わってきます・・・・・。
ただ、真田広之はちょっと濃い・・・かな・・・とは思ったんだけど。
伊藤英明くんの「素?」な演技も 似合っててよかった。
彼は日本的な顔じゃないんで・・どうかな~と思ってたんだけど、
別に違和感なかったです。

ワタシは原作もマンガの方も読んでないんだけど・・・。
(今人気あるから ど~も手が出なくて・・・・)
読んでた人も「よかった」と言ってたので、やはりキャスティングが
アタリだったんでしょうね(^^)
NHKの稲垣吾郎ちゃんバージョンは賛否両論だったみたいですが・・・。

ただ、ワタシがかなり残念に思ってるのは 特殊効果?というか・・
作り物がチャチだったこと・・・。
CGは全然OKだったんだけど、道尊の式神のカラス(?)とか、
瓜の中にいた蛇とかが、あまりにもハリボテで・・・(--;
おもちゃみたいでした・・・・・。





最近潤いが少なくなったとお感じのおばさま方へ(意味不明)

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■ナトゥー踊るニンジャ伝説
2001/01/01 Mon邦画(映画館)
監督:大森一樹
出演:南々見狂也
   ネハ・ドゥピア
   ケディ・ティン
   天山
   ビビアン・スー
   宍戸錠
   ウリナリオールスターズ
テレビの延長としてみれば、面白い。

映画として見れば、B級もいいところ・・・・(笑)
まぁ、これはテレビの延長として見るべきでしょうなぁ~・・・・・。

みんなのせりふはひどい棒読みだし、
ストーリーもコテコテだし。
おまけにアフレコだし。
でも、踊りはけっこうすごかったよ。
キレイだしねー。
大勢で踊るところとかね。

まぁ、インド映画はそういうところが見所なんだろうけどさ。
(日本映画だけど・笑)

ど・素人があそこまでの演技・踊りをやれれば、いいんじゃなのかなー。

・・・・てことで。ファミリー向き~

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■五条霊戦記
2000/10/07 Sat邦画(映画館)
20060504133149

監督:石井聰亙
出演:隆大介
   浅野忠信
   永瀬正敏
うーーーむ。着眼点はイイと思うのよねー。
牛若丸でしょ。
顔・・・にはちょっと納得がいかないけれど・・・。
だって、美少年じゃないよね~?ファンの人には申し訳ないけど。

ただ・・
面白かったのは面白かったんだけど、
時代劇にしては ちょっと上映時間が長い・・??

途中でちょっと 中だるみというか、
疲れちゃいました(^^;

まだかしら?決戦は?みたいな。
で、
すごく気になったのは
あの カメラがぐぃ~んって引いていって、
宇宙までいっちゃうってーのは
果たして必要だったんすかねぇ~??

謎なんですけど・・・・・。




まぁ、割とお子さま向きかな・・・。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

トラックバック(0)+ +コメント(0)
HOME NEXT
訪問者数
PROFILE

福山睦月

Author:福山睦月
熊本在住の管理人が好き勝手に映画の感想をなぐり書いてるブログです。
観覧映画は著しく偏っております(笑)
説明は←のTOP記事をご覧ください。
下記のリンクより管理人サイトへ飛べます。

ブログランキング参加中
カテゴリー
ブログ内検索
このレビューの評価

名前:
このレビューの評価:
大共感!
やや共感
ふつう
ちょっと違う~
最悪…
映画タイトルとコメント:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム